デリバティブの種類

近年、多くの金融商品に用いられているデリバティブという手法には幾つかの種類があります。この金融商品に用いられる手法は、株式や外国為替などに組み込まれ、これら金融商品の危険性を低下させたり、より高い収益を確保する手段として用いられているのです。
このような金融取引に伴う危険性の回避や、より大きな収益を得るために用いられている手法には、その金融商品の将来的な取引において、現時点で売買価格などを決めてしまう先物があります。この特殊な金融取引では、将来的な売買の権利を取引するもので、これははオプション取引と呼ばれています。又、金融商品の中には、複数を組合わせ商品の収益性を上げる為に活用されているものが多くあり、これらが多様な形態として用いられ取引されているのです。これらの金融取引でもデリバティブ取引は、市場の急変動による危険性の回避やより安全な資産運用方法として多くの取引で活用されているのです。
そして、スワップとは交換ですが、デリバティブの取引では、異なる二国間で発生する利息を交換する事を意味します。この取引では単一の通貨で利息を交換するものや、異なる二国間の通貨の金利差などを交換するものもあります。

Comments are closed.