ヘッジ利用とは

まず最初にヘッジとは資産運用を行なううえで、リスクを回避するための投資のことをヘッジと言います。

代表的なものとして、先物取引があげられます。
例えば農家などが、安定して利益を出すためには作物価格の変動リスクを抑える必要があります。
そこで先物取引を行なうことで作物価格の変動リスクを抑えることが出来るのです。
この場合ですと農家は取れた作物を、一年後にも同じ価格で売りたいと考えます、
そこで先物で今の相場価格で売る先物取引をしました、一年後収穫の時期が来た時、
相場価格が高騰していたら農家は去年の相場価格で売ると決めていたので損をしてしまいます。
しかし、実際には収穫した作物の値段もあがっている為に損失は発生していないのです。
これが、逆に相場価格が下落していた場合はどうでしょうか。
作物価格を去年の価格で売ると決めているので、下落した分先物取引で利益が出ています。
しかし、同時に収穫した作物も売却価格が下がっているので、利益は発生していません。

つまり、相場がどちらに傾いたとしても利益も損失もださずに安定して利益を出すことができる、
このような状況をヘッジと言い、ヘッジのための取引をすることをヘッジ利用と呼ぶのです。

Comments are closed.