身近なデリバティブ

デリバティブ」という金融商品に組み込まれている手法は、近年急速に普及しているものであり、身近な金融商品に巧みに組み込まれています。現在では、証券取引などの金融商品が多様化する中で、個々のニーズやリスク管理、収益の確保などの目的で積極的にデリバティブの仕組みが活用されています。
このデリバティブという手法が身近なものになってきている理由としては、個人の資産運用にかかわる金融商品に多く組み込まれているという点が挙げられます。最近では、様々な形態でデリバティブを組み入れた預金や債券など、個人向けの金融商品が多く販売されていおり、個人の資産運用法の一種である先物取引などでは、デリバティブ取引もすることができるようになってきています。具体的な預貯金やローンに組み込まれているものとしては、 株価と連動する預金などがあり、各種ローンや金利オプション、株式オプションなどの金融商品も身近な存在となっています。又、債券ではリバースフローター債やデュアルカレンシー債などがあり、数多くの金融商品にこの仕組みが組み込まれているのです。その為、身近なものでも金融商品を取引する際には、これらの基本的な仕組みを把握しておくことが必要になります。

Comments are closed.