先物取引で発生する損益

先物取引で発生する損益というのは色々なケースがあります。基本的に先物は買いでも売りでも取引をすることができ、どちらにしても自分が取引をした価格よりも利益が出る方向に相場が動いてその差額が大きくなるほど利益は増えることになります。自分の思惑とは逆に相場が動くと損失は大きくなります。これは株式と同じであり、どれだけ相場を読むことができるので、大きく利益を上げるためにはどれだけ差額を広げることができるのかがポイントになってきます。先物をするときは人によってはデイトレードをする人もいますし、保有する人もいます。保有するときはそれぞれの商品において取引の期限が決まっているので、その期限までに約定を目指すことになります。このように保有をして投資をしていくとき、株式であれば約定したときに損失が出ますが、先物では約定しなくても維持証拠金を下回ることになると、追証金を追加しなければそれ以上保有することができず、自動的に約定するというシステムになっています。そのため、保有をするときに放置していると勝手に約定されて損失を被ることもあるので、常に相場をチェックしておくことが大切です。また、資金は追証のことも考えて確保しておく必要があります。

Comments are closed.