先物取引によるスペキュレーション

スペキュレーション取引とは様々な相場変動を活用して利潤を得る取引のことです。
Speculationとは投機の意味で投機取引という名前でよばれています。
この取引は名前の通り、実需を裏付けとした安定的な商品売買や株主を目指すのではなく、
積極的に株式や為替や商品の価格変動によって生じる差益だけを取ることに主たる目的を置いている取引になります。
ですから、売却益はもちろん、現物の受け渡しをしない反対売買による取引も含みます。
要するに投機取引とは相場における売買によって利益を得る行為の全てを指すのですが、
特に短期で先物取引などを扱うプロのトレーダーをスペキュレーターと呼ぶ事もあります。
スペキュレーターの特徴としては比較的短期間での利益を目指して売買します。
先物取引では様々な情報を元に買いや売りのポジションを持ち、
相場の流れを精査に検討しながら、決済を繰り返し行うことで利潤を得ます。
「噂で買って事実で売る」という言葉がありますが、まさに、将来的に値上がりが予測される商品を買い、
実際にその材料が出て上昇した時に売却する方法を日々実践しています。
予測が当たれば莫大な利益を得られますが、予測に失敗すれば多大な損失を抱える可能性もあります。
先物取引による投機取引とは、そういったハイリスクハイリターンな取引になります。

Comments are closed.