先物取引のイメージ

先物取引というのは投資商品の一種です。とても難しい用語に感じますが、内容を知ればとても簡単なものです。普通、投資というのは現在の価値を取引します。株価を見れば分りますが、どの銘柄も現在の会社の状態が考慮されて取引されており、こうした取引を現物取引と言います。先物は現在の価値ではなく、将来における価値を取引します。一般的には数ヶ月先を見据えた取引だとされていますが、実際のところは現在の価値を取引しているようなものなので、それほど現物と大きな差があるわけではありません。先物の場合は、取引のシステムとして証拠金取引というシステムになっているのも一つの特徴です。取引をするために証拠金として資金を預けることになり、その証拠金を利用して取引をします。現物と大きく異なることは、証拠金以上の金額で取引できることです。簡単に言えば、先物は小額でも高額の取引をすることができるので、少ない資金でも大きな利益を上げることが可能になります。しかしながら、その逆として大きな損益を被ることもあり、維持証拠金を下回ると追証金が発生して追加資金が必要となります。このように先物の内容をしっておくと、とても簡単で意味を理解できます。

Comments are closed.